2回目のBooster shotが解禁 – パースニュース (Perth News) 第84号

今日からコロナワクチン の2回目のBooster shot、通算4回目の接種が可能になった。

4回目の接種が受けられるのは、65歳以上の人、50歳以上で免疫に障害のある人や何らかの障害がある人、アボリジニの人々で、3回目の接種から4ヶ月以上経過している場合だ。

オーストラリアではオミクロン株が相変わらず猛威を奮っているのに加えて、これから冬に向かっていくので重症化しやすい層を守のが目的だ。

新規感染者は多いものの、重症者が少ないので規制は徐々に緩和されていく方向だ。

弱者にしわ寄せが行かないようにという配慮が色濃く感じられる。

今日の感染状況

西オーストラリア州のCovid-19に関する規制(2022年4月4日現在)

1. マスク着用が必要となる場所

公共交通機関利用時、タクシー、医療機関、高齢者施設、職場を含む全ての室内施設
(自宅、ジム等でのエクササイズ中、小学生以下は免除)

2. ワクチン接種済みの証明が必要となる施設

ナイトクラブ、500人以上が集まるミュージックフェスティバルなどのイベント、フードコート、テイクアウェイを除くレストラン、バー、カフェ、クラブ、室内のイベント施設(カジノ、コンサートホール、劇場、映画館、博物館など)、競技場、ジム、フィットネススタジオ、高齢者施設

3. Contact registration

ワクチン接種済みの証明が必要となる施設等でのみ接触確認アプリを使って登録する

WA SafeアプリでQRコードを読み込む

ServiceWAアプリは、WA Safeとワクチン証明が統合されている

スマホを持っていない場合には所定の用紙に連絡先を記入する

QRコードを用意していない事業者、登録を拒否した客ともにペナルティが課せられる

4. 集会の上限

家庭での集会は10人まで、屋外での集会は50人が上限になる

5. 2sqmルールの適用(入店できる客数が客席の面積÷2が上限になる)

レストランやバーなど、フィットネスクラブ、室内の小規模イベント施設など。

映画館や博物館、競技場などはキャパシティの75%が上限になる。

6. 高齢者施設の見舞客は患者1人に対して1日2人まで

病院は見舞客は受け付けられない。(重病など条件を満たさない限り)

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: FOmWjV5WUAMxquf-1.jpeg

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。