2022年3月期物価上昇率が5.1%に – パースニュース (Perth News) 第107号

オーストラリアの2022年1-3月期の物価上昇率が5.1%を記録した。

物価上昇率が5%を超えるのは世界金融危機の影響を大きく受けていた2008年9月期以来となる。

ガソリン代を筆頭に物価が上昇しているのは誰もが感じられるレベルになっている。

これを受けて早ければ中央銀行が5月にも利上げに踏み切る可能性がある。

加熱が続けば年内に数回の利上げの可能性もあるので、ローンを抱えている人は注意が必要だ。

オーストラリアの金利が上昇すると、円安がさらに進む可能性もある。

今日の感染状況

西オーストラリア州のCovid-19に関する規制(2022年4月27日現在)

1. マスク着用が必要となる場所

公共交通機関利用時、タクシー、医療機関、高齢者施設、職場を含む全ての室内施設
(自宅、ジム等でのエクササイズ中、小学生以下は免除)

2. ワクチン接種済みの証明が必要となる施設

ナイトクラブ、500人以上が集まるミュージックフェスティバルなどのイベント、フードコート、テイクアウェイを除くレストラン、バー、カフェ、クラブ、室内のイベント施設(カジノ、コンサートホール、劇場、映画館、博物館など)、競技場、ジム、フィットネススタジオ、高齢者施設

3. Contact registration

病院のみ

4. 2sqmルールの適用(入店できる客数が客席の面積÷2が上限になる)

レストランやバーなど、フィットネスクラブ、室内の小規模イベント施設など。

映画館や博物館、競技場などはキャパシティの75%が上限になる。

6. 高齢者施設の見舞客は患者1人に対して1日2人まで

病院は見舞客は受け付けられない。(重病など条件を満たさない限り)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。