ワクチン接種証明新ルール パースニュース (Perth News) 第3号

西オーストラリア州のMark McGowan首相が、2022年1月31日から入場に際してワクチン接種証明を提示する必要がある施設等が拡大されるとアナウンスした。

現在は、ナイトクラブ、500人以上が集まるミュージックフェスティバルなどのイベント、カジノでワクチン接種証明が必要となっている。

これに加えて、病院や介護施設、レストランやバー、アミューズメントパーク(動物園など)、劇場や映画館、スポーツジム、酒屋、音楽関連施設が対象になる。

今月末からは、ジョコビッチはパースでレストランにも酒屋にも行けなくなる。

入国ができれば、ではあるが。

ワクチン接種証明

パニック買い再び

シドニー、メルボルンでオミクロン株が爆発的に流行している影響で、流通が滞ってトイレットペーパーなどの生活必需品が品薄になっている。

薬局などでは買える状況だが、スーパーマーケットのトイレットペーパーの棚やオミクロン株に罹患したときに服用を推奨されている鎮痛剤であるPanadolの棚も空になっていた(Woolworth)。

今回の物資不足は暫くの間続きそうなので、必要以上に買い溜めに走るような事は慎むようにしたい。

今日のパース

西オーストラリア州のCovid-19に関する規制(2022年1月13日現在)

1. マスク着用が必要となる場所

公共交通機関利用時、タクシー、医療機関、高齢者施設

2. ワクチン接種済みの証明が必要となる施設

ナイトクラブ、500人以上が集まるミュージックフェスティバルなどのイベント、カジノ

発行人 Ryuichiro Suzuki
©️Japan Australia Settlements Pty Ltd
パース留学のご相談は → Let’s Study in Perth へ

1件のコメント

  1. ピンバック:Perth News 第3号 - Let's Study in Perth (パース留学サービス)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。