レンタルeScooters – パースニュース (Perth News) 第56号

レンタルeScootersはCity of Stirlingで試験的に始まったサービスだ。

この試験は12か月間行われ、サービスを本格的に導入するか見直される。

eScootersは日本は電動キックボードと呼ばれている。

eScootersを利用するにはNeuronというアプリをスマホにインストールし、利用代金の支払いのためのクレジットカードかキャッシュカードの情報を入力をする。

あとは、街頭に駐車しているeScootersのコードをスキャンするだけでロックが解除され、アプリで利用終了手続きをするまで使う事が出来る。

eScootersはIKEAの他にスカボロビーチからトリッグビーチの間にある遊歩道のeScootersステーションピックアップ可能だ。

レンタルのできるeScootersが何処に何台あるかはアプリのマップで確認できる。

利用料金はアンロックに1ドル、利用1分につき45セントがチャージされる。

1時間利用しても28ドルなので誰でも気楽に利用できそうだ。

今日の感染状況

西オーストラリア州のCovid-19に関する規制(2022年3月7日現在)

1. マスク着用が必要となる場所

公共交通機関利用時、タクシー、医療機関、高齢者施設、職場を含む全ての室内施設
(自宅、ジム等でのエクササイズ中、小学生以下は免除)

2. ワクチン接種済みの証明が必要となる施設

ナイトクラブ、500人以上が集まるミュージックフェスティバルなどのイベント、フードコート、テイクアウェイを除くレストラン、バー、カフェ、クラブ、室内のイベント施設(カジノ、コンサートホール、劇場、映画館、博物館など)、競技場、ジム、フィットネススタジオ、高齢者施設

3. Contact registration

不特定多数の集まる施設、イベントなどで接触確認アプリを使って登録する

WA SafeアプリでQRコードを読み込む

ServiceWAアプリは、WA Safeとワクチン証明が統合されている

スマホを持っていない場合には所定の用紙に連絡先を記入する

QRコードを用意していない事業者、登録を拒否した客ともにペナルティが課せられる

4. 集会の上限

家庭での集会は10人まで、屋外での集会は50人が上限になる

5. 2sqmルールの適用(入店できる客数が客席の面積÷2が上限になる)

レストランやバーなど、フィットネスクラブ、ヘアドレッサー、室内の小規模イベント施設など。

映画館や博物館、競技場などはキャパシティの50%が上限になる。

6. 高齢者施設の見舞客は患者1人に対して1日2人まで

病院は見舞客は受け付けられない。(重病など条件を満たさない限り)

7. 大学等にも2sqmルールが適用(150人までの人数制限あり)

大学、専門学校、語学学校を含む

法人・個人会計業務全般は
こちら
パース留学・永住権獲得はこちら

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。