レストランなど室内で要マスクに – パースニュース (Perth News)準14号

パース市内で新型コロナウイルスの市中感染者が見つかったので、2021年12月23日午後6時から12月28日午前6時まで、パースエリアとピール地方の室内でマスク着用が義務付けられる。

個人宅は除外されるが、レストランやスーパーマーケット、ショッピングセンター、公共交通機関を使う時はマスク着用が必要になる。

12歳以上のワクチン2回接種率が84%、1回の接種率が90%超えていることもありロックダウンは選択しなかった。

12月16日以降に、パース、ピール地方にいた人が、西オーストラリア州内の他の地方に行く場合にもマスク着用が必要になる。

フランス人のバックパッカーがQLDから12月12日にパースに入り、12月19日から発症して昨日検査を受け陽性が分かった。

ワクチンは未接種だったらしい。

ウイルスの種類は判明していないが、感染時期からデルタ株ではないかと推測されている。

明日から猛暑に

今年のクリスマスは暑くなると予報されていた通りになりそうだ。

クリスマス、ボクシングデイ共に予想最高気温が42度となっている。

この熱波でコロナウイルスが大人しくなってくれると良いのだが。

発行人 Ryuichiro Suzuki
©️Japan Australia Settlements Pty Ltd
パース留学のご相談は → Let’s Study in Perth へ

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。