Perth News創刊準備1号

西オーストラリア州の州都パースに所在するJapan Australia Settlements Pty Ltdは、2022年1月1日からPerth Newsとしてパースでの日々の出来事を中心に、オーストラリアのビザ関連アップデート情報や耳よりな情報まで毎日発信するための準備をしていることを明らかにした。2021年12月は助走期間として、ほぼ毎日の発信に取り組むことにしているようだ。

Japan Australia Settlementsでは、2022年から留学エージェント事業に本格的に参入するため、姉妹サイトであるLet’s Study in Perthを立ち上げ準備を進めている。Perth Newsの創刊もその一環であることは間違い無いであろう。ともあれ、日本にいても、他州にいても、パースのニュースを毎日目にすることで、パースのことを身近に感じてもらえるのが1番の目的だ。そして、魅力を感じたらパースに足を運んでほしい。Covid19でパースに来られなかったのが過去の話になることを切に願っている。

今日のニュース

創刊号なので前置きが長くなったが、今日のPerth NewsはMatagarup BridgeからBurdswood ParkまでのZip-lineが予定より12ヶ月遅れで開業するという話題。Matagarup BridgeはOptus Studiumの目の前にかかっている橋で、下を流れているのはスワン川だ。この橋の建設でも擦った揉んだがあり完成までに3年を要している。オーストラリアのことなので、12ヶ月の遅延など何の驚きも感じられないのが正直なところだ。

Optus Studiumは60000人収容の本格的な競技場で、Covid19のためメルボルンで開催できなかった今年のオーストラリアンルールフットボールのグランドファイナルの会場になった。オーストラリアが2027年か31年のラグビーW杯の開催国に選ばれれば、必ず何試合かは行われるであろうスタジアムだ。この目の前のMatagarup Bridgeで行われるアトラクションは、観光の一つの目玉になることが期待されている。この高さ70メートルの橋を登るのに$99、下りに最高時速75キロを味わえるというZip-lineを使うと$149という価格設定となっている。オフィシャルな開業はこの日曜日を予定している。

From perthnow.com.au

発行人 Ryuichiro Suzuki
©️Japan Australia Settlements Pty Ltd

3件のコメント

  1. 馬渡初代

    フォローします♪

  2. 高山和仁

    フォローいたします

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。