帰国前PCR検査 – パースニュース (Perth News) 第142号

今日から日本への条件が緩和された。

しかしながら、帰国便の搭乗前72時間以内のPCR検査は相変わらず必要だ。

パースにある日本語医療センターから届いた情報では、出国2日前の検査で陽性になり出国できたのが4週間後になった人がいたようだ。

無症状の場合はRATでは陰性になりやすい。

逆に、陽性になってしまうと最長で3か月近くPCR検査で陽性になる場合も。

無症状では無料PCR検査は受けられないようで、最悪の場合には145ドルを支払って検査を受け続ける必要がある。

海外旅行先でそのようなケースになった時には日本領事館経由で特別措置が取ることもできるので相談してほしい。

今日の感染状況



西オーストラリア州のCovid-19に関する規制(2022年6月1日現在)

1. マスク着用が必要となる場所

公共交通機関利用時、タクシー、医療機関、高齢者施設

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 279343864_545009173654599_7141976058386148177_n-931x1024.jpeg

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。