西オーストラリア州のボーダー再開延期 – パースニュース (Perth News) 第10号

西オーストラリア州のMark MaGowan首相が、2月5日に予定していたボーダー再開を延期すると記者会見で発表した。

ボーダー再開のプランは、デルタ株を前提に作成されたものであったが、オミクロン株の爆発的な感染力で予定通りに進められなくなってしまったということだ。

NSWやVICでの流行がピークの時にボーダーを開けてしまうと、感染者の流入は避けられずに西オーストラリア州でも感染爆発してしまう。

オーストラリアの他州の感染が収まるのを待ってからボーダーを再開することになりそうだ。

ボーダー再開の日程は未定

オミクロン株による重症化がブースターショットによって回避できる確率が高いので、この間にブースターショットを推進していく。

2月5日以降は、許可を得て他州からWAに入る場合には、ブースターショットを受けている必要がある。

2回目の接種からの期間が短く、ブースターショットが打てない場合には2回でも問題ない。

他州の感染状況を見ながら、安全だと判断した時にボーダー再開を決めるので具体的な日程は提示されていない。

今日のパース

西オーストラリア州のCovid-19に関する規制(2022年1月20日現在)

1. マスク着用が必要となる場所

公共交通機関利用時、タクシー、医療機関、高齢者施設、職場を含む全ての室内施設(自宅、ジム等でのエクササイズ中、小学生以下は免除)

2. ワクチン接種済みの証明が必要となる施設

ナイトクラブ、500人以上が集まるミュージックフェスティバルなどのイベント、カジノ

発行人 Ryuichiro Suzuki
©️Japan Australia Settlements Pty Ltd
パース留学のご相談は → Let’s Study in Perth へ

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。