Booster Shot – パースニュース (Perth News) 第7号

西オーストラリア州では1月4日から、2回目のワクチン接種から4カ月以上経過すると3回目のワクチン(Booster Shot)が受けられるようになった。

ワクチン接種が義務付けられている職種では、Booster Shotが打てるようになってから1カ月以内に接種することが求められている。

現在、少なくても1回の接種が完了した人は12歳以上の人口の約93%、2回目は約86%に達している。

ボーダーが再開する2月5日には目標通り、2回接種した人の割合が90%に到達しそうだ。

副反応

昨日3回目の接種を受けたが、今朝から高熱が出て終日横になっていた。

過去2回の接種では2日ほど発熱が続き、3日目には何事も無かったように回復した。

今のところ、3回目の副反応が過去よりもキツイという事はない。

西オーストラリア州のCovid-19に関する規制(2022年1月16日現在)

1. マスク着用が必要となる場所

公共交通機関利用時、タクシー、医療機関、高齢者施設、職場を含む全ての室内施設(自宅、ジム等でのエクササイズ中、小学生以下は免除)

2. ワクチン接種済みの証明が必要となる施設

ナイトクラブ、500人以上が集まるミュージックフェスティバルなどのイベント、カジノ

発行人 Ryuichiro Suzuki
©️Japan Australia Settlements Pty Ltd
パース留学のご相談は → Let’s Study in Perth へ

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。