いよいよ明日ボーダー再開 – パースニュース (Perth News) 第51号

明日の0:01からフルワクチン接種を完了した人は、隔離なしでパースに入ることができるようになる。

当初予定していた2月5日から延期されたが今回は予定通りの再開となる。

約2年ぶりで人々が自由に往来できるようになり、普通の生活に戻る第一歩であれば良いと思う。

西オーストラリア州政府は観光業を後押しするため、明日からパース空港に到着する旅行者に総額50万ドル相当のバウチャーを配布する。

シドニー、メルボルンから最初に到着する飛行機の乗客にはロットネス島のアイコンであるクォッカのぬいぐるみがプレゼントされるそうだ。

一時的に新規感染者は増えそうだが、寂しくなっているパースCBDに賑わいが戻るため一役買ってくれることを期待している。

今日の感染状況

西オーストラリア州のCovid-19に関する規制(2022年3月2日現在)

1. マスク着用が必要となる場所

公共交通機関利用時、タクシー、医療機関、高齢者施設、職場を含む全ての室内施設
(自宅、ジム等でのエクササイズ中、小学生以下は免除)

2. ワクチン接種済みの証明が必要となる施設

ナイトクラブ、500人以上が集まるミュージックフェスティバルなどのイベント、フードコート、テイクアウェイを除くレストラン、バー、カフェ、クラブ、室内のイベント施設(カジノ、コンサートホール、劇場、映画館、博物館など)、競技場、ジム、フィットネススタジオ、高齢者施設

3. Contact registration

不特定多数の集まる施設、イベントなどで接触確認アプリを使って登録する

WA SafeアプリでQRコードを読み込む

ServiceWAアプリは、WA Safeとワクチン証明が統合されている

スマホを持っていない場合には所定の用紙に連絡先を記入する

QRコードを用意していない事業者、登録を拒否した客ともにペナルティが課せられる

4. 集会の上限

家庭での集会は30人まで、屋外での集会は200人が上限になる

5. 2sqmルールの適用(入店できる客数が客席の面積÷2が上限になる)

レストランやバーなど、フィットネスクラブ、ヘアドレッサー、室内の小規模イベント施設など。映画館や博物館、競技場などはキャパシティの75%が上限になる。

6. 高齢者施設や病院の見舞客は患者1人に大して1日4人まで

法人・個人会計業務全般は
こちら
パース留学・永住権獲得はこちら

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。