City to Surfの中止決定 – パースニュース (Perth News) 第8号

パースで最大のランニングイベントであるCity to Surfの3年連続の中止が早々に決定された。

City to Surfは毎年8月の最終日曜日に開催され、40000人以上のランナーが参加するイベントだ。

まだ予定された開催日まで期間はあるが、2月5日にボーダーが開いてからCovid-19の感染状況がどうなるか読めないと言うことで、主催者が早々に中止を判断したものだ。

4キロからフルマラソンまで距離の選択肢もあり、楽しいイベントだけに3年連続の中止は残念だ。

オーストラリアデイの花火は決行予定

一方、2月26日のオーストラリアデイの花火は決行される予定だ。

スワンリバーやキングスパークなどから花火を見る場合には、マスク着用とワクチン接種の証明が必要になる。

実際にはCovid Marshalと呼ばれる監視員がランダムでワクチン証明を求めると言うことだ。

このシステムでは混乱も予想されるので、きちんと機能するか心配だ。

西オーストラリア州のCovid-19に関する規制(2022年1月18日現在)

1. マスク着用が必要となる場所

公共交通機関利用時、タクシー、医療機関、高齢者施設、職場を含む全ての室内施設(自宅、ジム等でのエクササイズ中、小学生以下は免除)

2. ワクチン接種済みの証明が必要となる施設

ナイトクラブ、500人以上が集まるミュージックフェスティバルなどのイベント、カジノ

発行人 Ryuichiro Suzuki
©️Japan Australia Settlements Pty Ltd
パース留学のご相談は → Let’s Study in Perth へ

1件のコメント

  1. ピンバック:Perth News 第8号 - Let's Study in Perth (パース留学サービス)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。