マスク着用義務が拡大 – パースニュース (Perth News) 第6号

今日の午後6時からパースエリア・Peel Regionでは、職場を含めて室内でのマスク着用が義務付けられた。

自宅、ジム等でのエクササイズ中、小学生以下は免除となる。

今日、新たに5人の市中感染が確認され、これらがオミクロン株である事が推定されている。

また、昨日見つかった感染者がマッサージ店勤務で、最大で7日感染力がある状態で働いていたと考えられている。

マッサージ店の客の多くがコンタクトアプリに登録しておらず、濃厚接触者を追う事が難しくなっている事も関係している。

今回の感染が収束できるかは、2月5日予定されているボーダー再開のテストケースと言うことになりそうだ。

今日のパース

西オーストラリア州のCovid-19に関する規制(2022年1月16日現在)

1. マスク着用が必要となる場所

公共交通機関利用時、タクシー、医療機関、高齢者施設、職場を含む全ての室内施設(自宅、ジム等でのエクササイズ中、小学生以下は免除)

2. ワクチン接種済みの証明が必要となる施設

ナイトクラブ、500人以上が集まるミュージックフェスティバルなどのイベント、カジノ

発行人 Ryuichiro Suzuki
©️Japan Australia Settlements Pty Ltd
パース留学のご相談は → Let’s Study in Perth へ

1件のコメント

  1. ピンバック:Perth News 第6号 - Let's Study in Perth (パース留学サービス)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。