New Hard Border – パースニュース (Perth News) 第25号

1月20日に撤回されるまでは、明日が西オーストラリア州のボーダーが開く予定だった。

他州でオミクロン株が猛威を振るっている時に人の移動が自由にできるようにするのは賢明ではないという判断だった。

重症化率が低いオミクロン株に対して過剰反応だなどと批判の嵐だったが、昨日、Morrison首相がこの判断を支持すると表明した事で風向きが変わりつつあるようだ。

New Hard Borderと言ってもこれまでと大きく変わるわけではないが、西オーストラリア州に自宅がある人、家族が西オーストラリア州に住んでいる人、西オーストラリア州で執り行われる葬儀に参列する人などが、西オーストラリア州に入る許可が取りやすくなった。

国内から移動してくる人は、14日間の自主隔離が必要になる。到着後48時間以内と12日目にPCR検査を受ける。同居人がいる自宅で自主隔離をする場合は、同居人も自主隔離が必要でPCR検査も同様に受けなければならない。

海外から移動してくる人は、7日間のホテルでの隔離プラス7日間の自主隔離が必要になる。到着した日、9日目、12日目にPCR検査を受ける。他州を経由しても海外から来たものとして、隔離と検査が義務付けられる。

今日の感染状況

西オーストラリア州のCovid-19に関する規制(2022年2月4日現在)

1. マスク着用が必要となる場所

公共交通機関利用時、タクシー、医療機関、高齢者施設、職場を含む全ての室内施設
(自宅、ジム等でのエクササイズ中、小学生以下は免除)

2. ワクチン接種済みの証明が必要となる施設

ナイトクラブ、500人以上が集まるミュージックフェスティバルなどのイベント、フードコート、テイクアウェイを除くレストラン、バー、カフェ、クラブ、酒屋(ドライブスルーを含む)、室内のイベント施設(カジノ、コンサートホール、劇場、映画館、博物館など)、競技場、ジム、フィットネススタジオ、高齢者施設

3. Contact registration

不特定多数の集まる施設、イベントなどで接触確認アプリを使って登録する

WA SafeアプリでQRコードを読み込む

ServiceWAアプリは、WA Safeとワクチン証明が統合されている

スマホを持っていない場合には所定の用紙に連絡先を記入する

QRコードを用意していない事業者、登録を拒否した客ともにペナルティが課せられる

法人・個人会計業務全般は
こちら
パース留学・永住権獲得はこちら

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。