2月5日以降留学生は西オーストラリア州に入れない – パースニュース (Perth News)第22号

西オーストラリア州のボーダーコントロールが昨日アップデートされた。

ボーダーを再開する予定だった2月5日以降、留学生は西オーストラリア州に入れなくなってしまった。

海外から直接入国するだけでなく、他州を経由しても西オーストラリア州には入れない。

2月5日までにオーストラリアに入国していれば、許可を得ることは可能ではあるが。

もちろんこれは、ボーダーが再開するまでの措置である。

西オーストラリア州政府は、今のところいつ頃を目処にボーダーを再開するか明らかにしていない。

3月5日という説が喧伝されつつあるが、それほど遠くない時期になるのであろうと思われる。

今年パースに留学を予定しているなら、7月以降に入国を予定する方が安心だ。

直ぐに来られないのは残念だが、Covid-19の感染状況に見通しがついてからであれば安心して留学をスタートできるはずだ。

今日の感染状況

西オーストラリア州のCovid-19に関する規制(2022年2月1日現在)

1. マスク着用が必要となる場所

公共交通機関利用時、タクシー、医療機関、高齢者施設、職場を含む全ての室内施設
(自宅、ジム等でのエクササイズ中、小学生以下は免除)

2. ワクチン接種済みの証明が必要となる施設

ナイトクラブ、500人以上が集まるミュージックフェスティバルなどのイベント、フードコート、テイクアウェイを除くレストラン、バー、カフェ、クラブ、酒屋(ドライブスルーを含む)、室内のイベント施設(カジノ、コンサートホール、劇場、映画館、博物館など)、競技場、ジム、フィットネススタジオ、高齢者施設

3. Contact registration

不特定多数の集まる施設、イベントなどで接触確認アプリを使って登録する

WA SafeアプリでQRコードを読み込む

ServiceWAアプリは、WA Safeとワクチン証明が統合されている

スマホを持っていない場合には所定の用紙に連絡先を記入する

QRコードを用意していない事業者、登録を拒否した客ともにペナルティが課せられる

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。