永住ビザと一時滞在ビザ① – パースニュース (Perth News) 第149号

オーストラリアのビザは大きく2つの種類に分けることができる。

Permanent visa(永住ビザ)とTemporary visa(一時滞在ビザ)の2種類だ。

オーストラリアに滞在中に永住ビザを取得すると取得した人はPermanent resident(永住者)になる。

国外でビザを取得した場合は、永住ビザ保持者としてオーストラリアに入国した時に永住者になる。

永住者になると健康保険(Medicare)に加入でき、居住条件を満たすことで様々な社会保障を受けることができる。

失業保険や老齢年金の受給資格を得ることができる。

最も重要な権利は市民権を申請できるようになることだ。

居住年数などを満たしCitizenship Testにパスすればオーストラリアの市民権が得られる。

市民権を得るとオーストラリアのパスポートを申請ができ、これを使えばオーストラリア入国にビザは不要になる。

オーストラリアは日本と違い複数国の市民権を持つことを認めている。

日本人の場合は自分の意志で第三国の国籍(市民権)を取得すると日本国籍は自動的に喪失する。

総務省への報告に有無にかかわらず国籍は無くなったことになる。

国籍を失った後に日本のパスポートを使って出入国すると旅券法違反になる。

刑事罰が伴う重要な違反行為になるので、報告しなければバレないなどと考えない方がいい。

今日の感染状況



西オーストラリア州のCovid-19に関する規制(2022年6月9日現在)

1. マスク着用が必要となる場所

公共交通機関利用時、タクシー、医療機関、高齢者施設

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 279343864_545009173654599_7141976058386148177_n-931x1024.jpeg

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。