永住ビザと一時滞在ビザ③ – パースニュース (Perth News) 第151号

永住ビザは家族ビザ、スキルビザ、ビジネスビザに大きく分類できる。

これらのカテゴリーに属さない、観光ビザ、ワーキングホリデービザ、学生ビザは永住ビザと繋がらない。

家族ビザは最初に一時滞在者ビザが発給され、一定期間後に永住ビザに切り替えられるものが多い。

TSSと呼ばれる就労ビザは一時滞在ビザだけれど、条件を満たせば永住ビザ申請のパスウェイが用意されている。

スキルビザはダイレクトに永住ビザへ申請が可能だ。

オーストラリアに永住する家族がいない場合には永住ビザを取得するには時間がかかる。

簡単ではないが、どのように要件を満たしていくかのプランニングが重要になる。

今日の感染状況



西オーストラリア州のCovid-19に関する規制(2022年6月11日現在)

1. マスク着用が必要となる場所

公共交通機関利用時、タクシー、医療機関、高齢者施設

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 279343864_545009173654599_7141976058386148177_n-931x1024.jpeg

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。