学生ビザ② – パースニュース (Perth News) 第155号

学生ビザの申請は6歳からできる。

なので、小学校から留学は可能だ。

18歳未満の児童が学生ビザの申請をするには保護者が必要になる。

オーストラリア在住の親族などを保護者に指定できる。

Boarding Schoolのような全寮制の場合は学校が保護者になる。

Gurdiun visaを取得して日本から親が同行する事もできる。

一般的な親子留学はこの形態になる。

ガーディアンビザ保有者は就労できず、子供を残して出国することはできない。

今日の感染状況



西オーストラリア州のCovid-19に関する規制(2022年6月17日現在)

1. マスク着用が必要となる場所

公共交通機関利用時、タクシー、医療機関、高齢者施設

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 279343864_545009173654599_7141976058386148177_n-931x1024.jpeg

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。